PR

産経WEST 産経WEST

交通事故、不審者…休校中の安全教育、学びは「家庭」で 

 新型コロナウイルスの感染拡大によって休校が続き、子供たちが交通安全や不審者から身を守るための教育を受ける機会が少なくなっている。外出自粛要請で人通りが減っているとはいえ、春は小学生の重大事故が多発する傾向にあり、自宅周辺も決して安全地帯とはいえない。学校で新学期に行われる安全教育ができない中、家庭での時間は限られた学びの機会となる。専門家は会話を工夫すれば子供の意識向上につながると指摘している。

 警察庁によると、昨年1年間で歩行中に事故で死亡したり、全治1カ月以上の重傷を負ったりした小学生は493人。平成22年の992人に比べ減少傾向にあるものの、過去10年間で歩いていて死亡・重傷事故に遭った小学生は約7400人にのぼる。うち小学1~2年生が約52%を占め、年齢が低いほど事故は多い。

 警察庁が26~30年の5年間の同様の事故をさらに分析したところ、月別の発生は5月が最多。次いで多いのは10月だが、3番目は4月、4番目も6月となっており、春から初夏は重大事故に注意が必要な時期だ。

 ただ、今年は状況が例年と大きく異なる。春の全国交通安全運動期間(4月6~15日)に発生した全ての交通事故は7645件で、昨年同期比で26%減少。7日時点で緊急事態宣言の対象となった7都府県はいずれも減少しており、外出自粛要請に伴う交通量の減少が影響したとみられる。

 一方で懸念もある。本来、新学期が始まれば、警察官が学校に出向いたり、登下校の時間帯に通学路に立ったりして、児童に横断歩道の渡り方や信号の守り方を教えるが、休校によって交通安全教育が行えない地域も出ている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ