PR

産経WEST 産経WEST

「コロナは目の前に」感染の男性が危機感訴え 動画投稿し啓発も

「コロナは目の前にある」と動画で訴える男性
「コロナは目の前にある」と動画で訴える男性
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスに感染した東京都港区の男性(39)が産経新聞の取材に応じ、病状や入院、ホテルでの隔離生活について語った。感染に心当たりはなく、恐怖と不安に直面した毎日。身の回りでも感染者が現れ、自責の念にも駆られた。日常を取り戻し、痛感するのは「コロナは目の前にある」ということ。新規感染者が減少傾向にあり、気が緩みやすい大型連休の今こそ、危機感を高く持つべきだと話している。(森西勇太)

「まさか自分が」

 《先日PCR検査を受け陽性でした。ご迷惑をおかけして申し訳ない思いもあり、複雑です》

 男性が入院直前の4月7日、ユーチューブに投稿した約3分間の動画。感染判明に声を落としながらも、《(動画投稿は)僕にとっての禊(みそぎ)。症状を訴えていきたいと思うので、みなさんが何か感じるものがあったらうれしい》と発した。タイトルは「未知なるウイルスとの闘病生活をお伝えする」。この日から、自らの体験を語っている。

 さかのぼること3月28日、発端は寒けと38・6度の発熱だった。病院ではその日のうちに風邪と診断され、解熱剤など複数の薬を処方されたが、38度台の高熱が数日間続いた。4月1日、再び病院へ行くと、今度は扁桃(へんとう)炎と診断された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ