PR

産経WEST 産経WEST

フードロス抑制も狙い 新型コロナ 「3密」なしの野菜直売所を駐車場で 東京・関西で新事業スタート

 こう話した男性は、子供が試食したトマトとカボチャを買い求めた。この日の営業時間は午後1~6時で、買い物客は14組に上った。

予約なくてもOK 

 事業は4月27日に始まった。今後、東京都内で5エリア、関西で10エリア程度を予定している。

 直売所は、住宅や店舗などの空き駐車場を時間貸しするシェアリング(共有)サービスを展開するakippa(アキッパ、大阪市)と、直売所・農園の検索サービスを運営するYACYBER(ヤサイバー、同)が、それぞれのノウハウを持ち寄り運営する。

 野菜を買いたい人はヤサイバーのサイトで注文。野菜は、アキッパが利用者宅の近くで確保した空き駐車場に生産農家が配送する。

 利用客は、スマートフォンで値札のQRコードを読み取ると支払いができる仕組み。予約以外の野菜も運び込んであり、通りかかった人もスマホ決済や現金で買える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ