PR

産経WEST 産経WEST

「自画撮り」被害増 休校延長で子供のSNSに注意

「自画撮り」の被害防止などを訴える動画を収録する大阪府警の職員=大阪府岸和田市
「自画撮り」の被害防止などを訴える動画を収録する大阪府警の職員=大阪府岸和田市
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大の終息が見通せず、学校の休校措置の延長が相次いでいる。そんな状況で子供の利用頻度が高まっているとされるのがSNS(会員制交流サイト)だ。会えない友人らとつながれる貴重なツールだが、気を付けたいのが犯罪被害などのトラブル。特に裸の写真などを送信させられる「自画撮り」被害は近年増加傾向で、警察が注意を呼び掛けている。(西山瑞穂)

GW前に大阪府警が啓発

 「実際に警察が取り扱った被害をもとに一緒に考えましょう」。大阪府岸和田市のケーブルテレビ局「テレビ岸和田」のスタジオで4月末、大阪府警岸和田少年サポートセンターの男性職員がカメラに向かってこう呼びかけた。

 新型コロナの影響で開催が難しくなった小中学校での犯罪被害や非行の防止教室に代わり、府警が「テレビ岸和田」で今月6日まで放送する動画の収録。動画は現在、同テレビ局のホームページでも公開されている。

 職員は、少女がSNSで大学生と知り合い、「嫌われたくない」といった理由で裸の写真を送った事例を紹介。一度送ると「写真をばらまくぞ」などと少女への脅迫が始まり、さらに写真を要求されるように。写真は結局インターネット上で拡散されたと説明し、「交際相手でもこうした写真を送らせることは児童ポルノ法や府の条例で禁止されています」と訴えた。

5年間で2倍、表面化しないケースも

 イラストを交えた15分間の動画では大麻の危険性なども取り上げるが、中でも府警が「長期休校中の被害が懸念される」とするのがこうした自画撮り被害だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ