PR

産経WEST 産経WEST

新型コロナで自動車向け部品が打撃…関西の電子部品大手、5社中3社が最終減益 令和2年3月期決算

 関西に拠点を置く電子部品大手の令和2年3月期連結決算がおおむね出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、生産拠点の操業停止が続く自動車メーカー向けの車載部品を中心に需要が減り、5社のうち、京セラ、オムロン以外の3社が最終減益となった。先行きも不透明で、厳しい業績予想が相次いだ。

 日本電産が30日発表した2年3月期連結決算は、売上高が前期比4%増の1兆5348億円と過去最高を更新したものの、最終利益は45・4%減の600億円に落ち込んだ。車載部品の2年1~3月期の売上高は元年10~12月期比2・1%減の902憶円となった。

 一方、同社は3年3月期の売上高を2・3%減の1兆5千億円、最終利益を66・4%増の1千億円と見込む。永守重信会長は30日の決算説明会で「売り上げは車載が非常に厳しいが、それでも利益は出す。ピンチをチャンスととらえ、人命最優先で供給を増やしていく」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ