PR

産経WEST 産経WEST

当選倍率100倍以上…シャープのマスク、抽選販売に470万人応募 

シャープが発売する不織布マスク(同社提供)
シャープが発売する不織布マスク(同社提供)

 シャープは28日、応募サイトで27日に募集したマスクの抽選販売について、470万人から購入希望の申し込みがあったと発表した。応募が多数となったため、販売数を当初予定の3万箱から4万箱に増やしたが、当選倍率は100倍以上に達した。28日に抽選を行い、29日までに当選者へメールで通知する。

 マスクは1箱50枚入りで、買える上限は1人1箱。シャープが21日に電子商取引(EC)サイトでマスクを発売したところ、アクセスが集中し接続しにくい状態になったことから、販売方法を先着順から抽選に変え、応募サイトを新設して27日に募集していた。

 今後も抽選販売を予定しており、今回の落選者は申し込み手続きなしで、次回販売の抽選対象となるという。

 またシャープは28日、5月下旬に予定していた令和2~4年度の次期中期経営計画の公表を延期すると発表した。戴正呉会長兼社長は従業員向けのメッセージで「新型コロナウイルスの当社事業への影響が合理的に判断できる状況にない。影響の見極めと計画の再精査ができた段階で改めて公表する」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ