PR

産経WEST 産経WEST

「クラスター」風評被害に悩む事業所、徹底した感染防止策も

 それでも、つきまとうのが風評被害だ。デイケアサービス休止中、利用者の多くは他の施設から受け入れを断られ、同施設の職員が自宅を訪問するなどして対応してきた。再開後も施設名の入った送迎車に、冷ややかな視線を向けられることが少なくない。

 ある職員はPCR検査で陰性だったのに、家族が会社から出社停止を命じられた。別の職員の家族は手術を延期させられたという。

 「風評被害はおさまってきてはいるが、世間の認識はまだ『クラスターが出た施設』。サービスを必要とする利用者がいる限り、施設を閉じるわけにはいかないが、不安は今でもぬぐえない」と塩田事務長は苦悩を口にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ