PR

産経WEST 産経WEST

別の陽性看護師にも勤務指示 大阪・生野のなみはやリハビリ病院

なみはやリハビリテーション病院=大阪市生野区(須谷友郁撮影)
なみはやリハビリテーション病院=大阪市生野区(須谷友郁撮影)

 新型コロナウイルス感染が判明した後も看護師を勤務させていた大阪市生野区の「なみはやリハビリテーション病院」で、検査で陽性と判明して自宅待機中だった別の女性看護師も呼び出して勤務させていたことが24日、市への取材で分かった。

 同病院をめぐっては、陽性が判明した看護師を20日夕方から翌朝まで勤務させていたことがすでに判明。院内では医療従事者や患者ら120人以上の集団感染が起きている。病院側は院内の感染で人手が不足し「やむにやまれずお願いした」と説明している。

 この病院で勤務する女性看護師は産経新聞の取材に「陽性者を出勤させるのはおかしいと病院に言ったら『陽性患者は陽性の看護師が、陰性患者は陰性の看護師が診ればいい』と言われた。陰性の人に感染したらどうするのかと思った」と怒りをあらわにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ