PR

産経WEST 産経WEST

10万円給付、神戸市長が受け取り辞退を表明

 神戸市の久元喜造市長は23日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策の一律10万円の現金給付について、受け取りを辞退する考えを明らかにした。

 久元市長は「公的立場にある者が受け取るかは悩ましいこと」とした上で、「(給付金は)国民の税金から賄われるもの。国と自治体で立場は違うが、国家財政と地方財政は密接に関係している」として、家族も含めて受け取らないと述べた。

 一方、市職員に対しては「給付金は国民に一律に交付される。職員には辞退は求めず、どう使うのか個々で判断してもらえれば」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ