PR

産経WEST 産経WEST

新型コロナ4月に急増 3連休“気の緩み”あったか 

 新型コロナは10日~2週間で発症するとされる。宮澤氏は「3連休で人の流れを押さえ込めなかったのが致命的だった」とした上で、「3密が示されたことで、『屋外だから大丈夫だろう』と花見に行くなどして一気に感染が広がった。この時期に緊急事態宣言を出すべきだった」と説明する。

 宣言から2週間。発症までの期間を念頭に、宮澤氏は「感染者数の変化がみえてくる時期にきた」とした上で、「ここで気を緩めず、外出の自粛を徹底することが必要」と指摘する。

 一方、「長引けば長引くほど、心にも体にも疲れは出てくる。自分でも気づかないうちにストレスをため込んでしまうこともある」と話すのは、新潟青陵大の碓井真史(まふみ)教授(社会心理学)。

 碓井氏は「リラックスする機会を持たないと気持ちが切れる。他人から『やらされている』と思うと苦痛に感じるため、感染拡大防止に自発的に取り組める雰囲気を醸成していく必要がある」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ