PR

産経WEST 産経WEST

「新型コロナの予防・対策に○○」根拠のない商品広告相次ぐ

大阪府警=大阪市中央区
大阪府警=大阪市中央区
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大に乗じ、根拠のない予防効果をうたった健康食品などの商品広告が相次いでいる。現時点で有効な治療法は確認されておらず、こうした商品が広がることで基本的な予防対策がおろそかになってしまう可能性もある。消費者庁は注意を呼びかけており、警察も取り締まりを強化している。

 「ビタミンCはコロナウイルスから体を守る」

 「新型コロナウイルス感染防止策に青汁」

 消費者庁によると、2月下旬から、新型コロナウイルスに対する根拠のない予防効果をうたう商品の広告がインターネット上で急増。同庁が2~3月に緊急でインターネット広告を調査したところ、計64事業者87商品で不適切な広告表示が確認された。健康食品のほかにアロマオイルや空気清浄機でも同様の広告があり、同庁は景品表示法と健康増進法に基づいて改善要請をした。

 厚生労働省は「現時点では有効な治療法や薬、成分は明らかになっていない」としている。消費者庁の担当者は「大金を払ってしまうだけでなく、効果を信じて本来徹底すべき予防策をやめることで健康被害が生じる可能性がある」と懸念する。

 政府の基本的対処方針では、感染拡大の混乱に乗じた犯罪の取り締まりの徹底が挙げられており、こうした広告に対し、警察も積極的に動いている。

 大阪府警は今月16日、「新型コロナウイルスに効く」といって漢方薬を高齢者に訪問販売する際、必要な書面を渡さなかったとして、特定商取引法違反(不備書面の交付)の疑いで府内の薬局経営者らを逮捕した。

 府警によると、経営者はもともと集会を開いて漢方薬などを販売していたが、感染拡大のために集会を開けなくなり、3月ごろから「コロナウイルスの感染時に働く」などとするチラシを用意し、従業員らに訪問販売させていたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ