PR

産経WEST 産経WEST

飲食店に10万円、ひとり親家庭に5万円支給も 大阪・摂津市

 大阪府摂津市は18日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減少する飲食店や小売業者に一律10万円を給付するなどの経済支援策を発表した。森山一正市長は「今一番困っているのが誰かを考えた。一日も早く支援の手を届けたい」とした。

 市によると給付対象は、従業員100人未満の飲食店のほか、小売業を中心とした従業員5人未満の小規模事業者や個人事業主など市内の約千社。直近の売り上げから給付の可否を判断する。支給総額は約1億円に上る見通し。市役所に窓口を設け、4月下旬にも受け付けを始める。

 また市は、児童扶養手当を受給する市内のひとり親家庭約900世帯にも一律5万円を支給する。手続きは不要で、早ければ5月上旬から支給を開始する。総額は約4500万円の見込み。

 市は23日に臨時議会を開き、必要な事業費を今年度一般会計補正予算として提案する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ