PR

産経WEST 産経WEST

和歌山・仁坂知事「東京、大阪とはフェーズ違う」

記者会見する和歌山県の仁坂吉伸知事=県庁
記者会見する和歌山県の仁坂吉伸知事=県庁

 新型コロナウイルス対策の「緊急事態宣言」の対象地域を全国に拡大するとした政府方針について、和歌山県の仁坂吉伸知事は16日の記者会見で「東京、大阪とは感染のフェーズが違う。同じことをしなきゃいけないということは、論理的にない」と述べ、現時点では東京都や大阪府のような商業施設への休業要請には慎重な考えを示した。

 ただ、仁坂知事は「政府の発表内容を見極め、判断したい」とも述べ、対象地域拡大を受けた具体的な対応は17日以降、対策本部会議を開いて決めるとした。

 仁坂知事は県内の感染状況について、「われわれは感染を抑圧できている。それが無理になっている他の地域とは違う」と指摘。「これまでも法律に関係なく、やるべきことをやってきた」とし、対象地域の拡大後も「法律に基づいて実態に応じた対応を考える」と述べた。

 また、対象地域が全国一律に拡大されることについては、「(政府の)意図をまだ聞いていないので理解しにくいが、非難する材料もない」とした上で、「真意を見極め、それも材料として、県としてやるべきことを考えないといけない」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ