PR

産経WEST 産経WEST

捜査員も防護服着用 逃走のブラジル人逮捕で 大阪の強殺事件 

大阪府警が使用したものと同種の防護服(一部画像処理してます)
大阪府警が使用したものと同種の防護服(一部画像処理してます)

 大阪府大阪狭山市で3月、男性が路上で刺されて重傷を負った事件で、大阪府警捜査1課は15日、強盗殺人未遂の疑いで、ブラジルに逃走していた同国籍の少年(18)を逮捕したと発表した。同課によると、14日に成田空港に再入国したところで身柄を確保。新型コロナウイルスの感染防止のため、接触する捜査員が防護服を着用し、少年にPCR検査を受けさせるなどの対策を取った。

 ブラジルは、新型コロナウイルスの水際対策で日本政府が外国人の入国を拒否する対象国だが、同課によると、少年は「定住者」の在留資格があるため入国できた。防護服を着た捜査員らが乗り込んだ護送車で府警本部へ移送。今後は隔離して勾留する。現時点で体調不良はないという。

 逮捕容疑は3月4日午前7時50分ごろ、ブラジル国籍の無職、タケイ・クラウジオ・キュウイチ容疑者(36)=同容疑で逮捕=と共謀。大阪狭山市岩室の路上で、近くの金属販売会社役員の男性(59)=和歌山県橋本市=の首や胸をナイフで刺すなどし、男性の数百万円が入ったリュックを奪おうとしたとしている。同課によると、実行犯とみられるが、容疑を一部否認しているという。

 少年は事件翌日の3月5日夜に関西国際空港から出国。今月14日にブラジルからカタール経由で日本に再入国した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ