PR

産経WEST 産経WEST

防護服代わりに雨がっぱ 大阪市長、提供呼びかけ

記者団の取材に応じる大阪府の吉村洋文知事(右)と松井一郎大阪市長=14日午後、大阪府庁(吉国在撮影)
記者団の取材に応じる大阪府の吉村洋文知事(右)と松井一郎大阪市長=14日午後、大阪府庁(吉国在撮影)

 大阪市の松井一郎市長は14日、新型コロナウイルスの感染拡大で医療従事者の防護服が不足しているとして、代用品として未使用の雨がっぱ提供を呼びかけた。市役所で記者団に「大阪全体で命がけの闘いをしている。(かっぱは)何色でも、ポンチョでも構わない。在庫を抱えている事業者からは買い取りたい」と述べた。

 松井市長はこの日、大阪府庁で開かれた新型コロナウイルス対策の会合で、出席者から「医療現場では防護服が足りず、ごみ袋をかぶっている。脱ぐときにウイルスが付着する可能性があり、危険だ」と切迫した現状を聞いたという。松井市長は「全く足りていないので、あるだけほしい」とした。

 今後、大阪市で提供を受け付ける窓口を設ける方針。松井市長は記者団に「医師たちが安全に仕事ができるよう支えていく」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ