PR

産経WEST 産経WEST

布マスク、効果は?「使い捨て」は医療関係者に回そう

 新型コロナウイルスの感染者には無症状の人も多いため、東准教授は「不織布であれ布製であれ、マスクで感染拡大を防ぐことが重要」と訴える。また、「マスク不足という状況なので、使い捨てマスクは医療関係者などに優先的に回し、一般の人は布製マスクで対応すればいい」とする。

 感染予防でマスクを着ける習慣のなかった欧米でも、着用の動きが広がっている。チェコやスロバキアは、マスクやスカーフなどで鼻と口を覆わずに外出することを禁止。米国では米疾病対策センターがマスク使用を推奨し始めた。

「滅菌ガーゼ」使わないで

 手作りマスクは、インターネットなどでさまざまな作り方が紹介されている。ガーゼ生地やハンカチなどを使い、好きな色柄で顔の形に合ったものが作れるが、材料を集める際に避けるべきなのが、傷口などの保護に使う「滅菌ガーゼ」。手作りマスクが広まってから、医療目的で必要な人も購入が難しい状態になり、「手術後のケアで必要なので、マスクには使わないで」などと訴える声が上がっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ