PR

産経WEST 産経WEST

松江市のさんびる、マスク1万枚を医師会に寄付

マスク1万枚を島根県医師会に寄付した「さんびる」の田中代表取締役
マスク1万枚を島根県医師会に寄付した「さんびる」の田中代表取締役

 新型コロナウイルスの感染拡大による全国的なマスク不足を受け、ビルメンテナンス業などを展開している「さんびる」(本社・松江市)が、マスク1万枚を島根県医師会に寄付した。

 医院や診療所などでマスク不足が深刻になっていることから、同社は感染者が確認されていない県内地域にも、海外から1万枚を調達したという。

 社員が「医療機関のみなさん、いつもありがとうございます」と書いた段ボールにマスクを入れ、同医師会に持参。田中正彦代表取締役は「感染防止の最前線に立っている方々に、少しでも役立てていただければ」と話していた。

 同医師会の森本紀彦会長は「医療現場を取り巻く状況が悪化するなか、患者一人一人に対して医師らがマスクを交換すれば、とても足りない状況。医師会の会員を中心に配布し、活用していきたい」と感謝していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ