PR

産経WEST 産経WEST

SNSで知り合い自殺幇助、容疑の男2人逮捕 三重

 会員制交流サイト(SNS)で知り合った自殺志願の男性の自殺を手助けしたとして、三重県警尾鷲署は8日、自殺幇助(ほうじょ)の疑いで奈良県安堵町、職業不詳の高岡寛史容疑者(35)と、東京都北区西が丘、職業不詳の柴野泰成容疑者(25)を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 2人の逮捕容疑は6日午後11時ごろから7日午前9時ごろまでの間、愛知県半田市の職業不詳の男性(25)と集団自殺しようとし、三重県尾鷲市三木浦町の林道に止めた車内で練炭に火を付け、男性を死亡させたとしている。

 同署によると、高岡容疑者が車から逃れ、110番した。「死ぬのが怖くなった」と供述しているという。柴野容疑者は駆け付けた救急隊員に車内で発見され、病院に搬送されたが、命に別条はなかった。車の窓には内側から粘着テープで目張りがしてあった。

 3人は集団自殺を志願し、SNSを通じて知り合った。5日に京都府内で落ち合い、6日夕、現場付近まで車で移動した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ