PR

産経WEST 産経WEST

関西のスーパーは通常営業 大丸など百貨店は全館休業も

 緊急事態宣言を受け、対象地域となった大阪府や兵庫県。スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなど食料品や医薬品を扱う事業者はおおむね通常通り営業する。一方、百貨店など一部の大型商業施設では休業する店舗もあり、再開が見通せない状況となっている。

 「買いだめしないようにとニュースなどで言っているから、必要な分だけ買うように気を付けています」。大阪府東大阪市のスーパーで飲料水を購入していた主婦(75)はこう話す。

 総合スーパー「イオン」などを展開するイオンリテールは、商品の欠品に留意しながら原則的に通常営業を続ける方針。緊急事態宣言が出された7日も「特に混乱もなく、目立った買い占めなどはない」(広報担当者)という。

 スーパーのオークワも通常通り営業する方針だ。感染防止の観点から「客を集中させないため、1カ月ほど前からチラシ広告を減らしている」。緊急事態宣言で外出自粛が進めば、一度に買い物する量が増えて一時的に店頭で品薄状態になる可能性もあるとして、引き続きチラシ広告は減らす。スーパー「ライフ」を展開するライフコーポレーションも店内の混雑緩和や商品の安定供給を図るため、チラシ広告を当面自粛。一部商品の販売制限や、レジ待ちの客の列の間隔を空けるようにするなどの策も講じる。

 高齢者などに配慮した販売を試みる店舗も。生活協同組合「コープこうべ」(神戸市東灘区)は8日から当面の間、兵庫県と大阪府北部の99店で、開店から30分間を65歳以上の高齢者専用の買い物時間とする。障害者や妊婦なども対象で、安心して買い物ができるよう配慮したという。対象外の利用者は開店から30分後に買い物できる。

 セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの大手コンビニも「お客さまの生活を支えることが大事」(ローソン)と、原則通常営業。ドラッグストアチェーンのキリン堂も通常通り営業を続ける。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ