PR

産経WEST 産経WEST

徳島市長に内藤氏初当選 歴代女性最年少を更新

初当選し万歳する内藤佐和子氏(中央)ら=5日夜、徳島市
初当選し万歳する内藤佐和子氏(中央)ら=5日夜、徳島市
その他の写真を見る(1/2枚)

 任期満了に伴う徳島市長選は5日投開票され、無所属新人のまちづくり団体代表、内藤佐和子氏(36)が、無所属現職の遠藤彰良氏(64)を破り、初当選を果たした。全国市長会によると、歴代最年少の女性市長となる。投票率は38・88%。

 内藤氏は36歳0カ月。これまでの女性最年少は平成24年に36歳6カ月で就任した越直美・前大津市長だった。

 市選出の徳島県議の一部や県連幹部が内藤氏を、自民党市議団が遠藤氏を支援。国会議員の対応も割れ、昨年の知事選と同様に保守分裂選挙となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ