PR

産経WEST 産経WEST

大阪府知事「感染者出た店、店名公表すれば補償」は公平性に課題?

 同市北区のライブハウス「バンケットハウス」では、利用客らの感染は確認されていないが、9日までの営業自粛を決めている。店長の河合知記さん(33)は、店名公表に同意したライブハウスの判断について、「他の店のためを思って判断したのだろう」。ただ、営業できなければ収入はゼロになる一方、賃料などの固定費はかかり、赤字が積み重なる。「少しでも補償があればありがたい」と話した。

 北区・曽根崎でライブハウス「ロックバー セブンス」を営業する山本章史さん(46)は「店で感染者が出たとき、公表しないと被害が拡大するなら出すのが正義だと思うし、隠しているのに来ていただくのは申し訳ない」とし、「休業に対する補償があればありがたいが、一番は『この店に来ても大丈夫』という安心感を与えてもらうことだ」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ