PR

産経WEST 産経WEST

新型コロナ感染の阪神・伊藤隼が退院 ファンに謝罪

阪神の伊藤隼太外野手
阪神の伊藤隼太外野手

 プロ野球阪神は5日、新型コロナウイルスに感染し、大阪府内の病院に入院していた伊藤隼太外野手(30)が退院したことを発表した。当面は自宅待機となる。

 阪神は現在、選手らを自宅待機とするなどチームの活動を停止している状態。伊藤隼は球団を通じ、「このたびは応援していただいているファンの皆さまをはじめ、野球界に携わる多くの方々にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」とコメントした。

 伊藤隼は味覚や嗅覚の異常があったことから、3月26日に新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を受け、陽性反応を示した。感染源は特定されていないが、チーム内で同じく感染が判明した藤浪晋太郎投手(25)、長坂拳弥捕手(25)とともに、3月14日に大阪市内の知人宅で食事会に参加していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ