PR

産経WEST 産経WEST

現金給付やマスク配布を悪用…新型コロナ詐欺、後を絶たず

 感染拡大が続く新型コロナウイルスの不安や混乱に乗じ、金品をだまし取ろうとしたり個人情報を聞き出そうとしたりする不審な電話やメールが後を絶たない。影響が長引く中、国民の関心が高いマスクの配布や給付金といった話題に便乗した新たな手口が登場しており、警察などは「あらゆる手段でだまそうとしてくるので、不審な電話やメールが来たら公的機関に相談してほしい」と注意を呼びかけている。

健康調査も標的

 「新型コロナウイルスの関係で、70歳以上の高齢者の方に約3万円の支援金が出ます」

 大阪府警によると、4月1日午前11時半ごろ、同府羽曳野市の80代女性宅に市役所職員を名乗る男から電話があった。男は「どこの口座を持っていますか」などと聞いてきたが、女性は不審に思い電話を切ったため被害はなかった。感染拡大を受けた政府の緊急経済対策で焦点となっている現金給付に乗じた新たな手口とみられる。

 先月から今月にかけ、厚生労働省が無料通信アプリ「LINE」の利用者約8300万人に行った健康調査に便乗した事案も発生している。調査は、LINE画面に利用者の体調などとともに年齢や性別、郵便番号などの個人情報の入力を求める内容だったが、それを模倣してクレジットカード番号を聞き出そうとする手口といい、同省は注意を呼びかけている。

 ほかにも、高齢者宅に警察官をかたる電話があり、1人暮らしか確認したうえで「コロナウイルスを撃退する機械をつけませんか」と言ったり、「水道管についたウイルスを除去します」などと現金10万円を要求したりするケースも報告されている。

 また、各地で入手困難な状況が続くマスクに関連した不審な電話やメールも相次いでいる。

 府警によると、大阪市内の30代女性のスマートフォンには「マスクが品薄なのでお客さまに特別価格で提供します」などというショートメッセージサービス(SMS)が届いた。女性はメッセージに添えられていたURLをクリックし、クレジットカード番号などを入力。その後、近くの交番に相談してカードを停止したため被害はなかった。

相談件数も急増

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ