PR

産経WEST 産経WEST

夜間ライトアップの清水寺 観光客は激減 

ライトアップされた清水寺本堂=3日夜、京都市東山区(永田直也撮影)
ライトアップされた清水寺本堂=3日夜、京都市東山区(永田直也撮影)

 檜皮葺(ひわだぶき)屋根の葺(ふ)き替え工事が終了し、素屋根にすっぽり覆われていた国宝の本堂が約3年ぶりに姿を現した世界遺産の清水寺(京都市東山区)では、夜間ライトアップが行われている。5日まで。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、訪れる観光客は「例年よりとんでもなく少ない」(タクシー運転手)という。京都府と京都市が2日に不要不急の外出自粛要請を出して初めての週末となった3日夜、境内には中高年者の姿はほとんどなかったが、若者グループやカップルらが神秘的な照明に浮かび上がる本堂をスマートフォンで撮影していた。

 兵庫県から来た会社員男性(28)は「ここはオープンエアだから大丈夫でしょう」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ