PR

産経WEST 産経WEST

「卒業式に来て腹が立った」 祖母を殴り死亡させた15歳少年を逮捕 大阪府警

大阪府警本部
大阪府警本部

 同居する祖母=当時(76)=の顔などを殴ったとして、大阪府警高槻署は傷害容疑で府内に住む少年(15)を逮捕、祖母が死亡したため傷害致死容疑で送検したと3日、発表した。同署によると、少年は犯行当時中学3年生で、「おばあちゃんに『中学の卒業式に来るな』と言っていたのに来たので腹が立った」と容疑を認めているという。

 送検容疑は3月13日から同15日にかけて、自宅で祖母の顔面や頭部を手で殴るなどして負傷させ、同日午前に搬送先の病院で死亡させたとしている。

 同署によると、少年は祖母と祖父との3人暮らし。13日に中学の卒業式があり、その日のうちに祖母に暴行を加えたとみられる。祖母は14日も料理をするなどして過ごしていたが、15日午前5時ごろ、少年が「祖母が寝室で冷たくなっている」と119番した。

 同署が少年から事情を聴いたところ、暴行を認めたため、15日に傷害容疑で逮捕。その後、死亡が確認されたため傷害致死容疑で送検した。少年は「日頃から勉強や成績のことを悪くいわれ、うるさいなと思っていた」とも供述。過去にも祖母に暴力をふるっていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ