PR

産経WEST 産経WEST

和歌山・真田まつりも中止、「着付けの際に感染の恐れ」

和歌山県九度山町の「紀州九度山真田まつり」の武者行列(町提供)
和歌山県九度山町の「紀州九度山真田まつり」の武者行列(町提供)

 戦国武将の真田昌幸、幸村父子が隠棲(いんせい)した地・和歌山県九度山町で毎年5月に開かれている恒例の「紀州九度山真田まつり」が、今年は新型コロナウイルスの影響で中止が決定した。戦前から続いてきた由緒あるイベントで、勇壮な武者行列や鉄砲演武などが有名。実行委員会に参加する町の担当者は「着付けの際、屋内に参加者らが密集するため、感染する恐れもある」と理由を説明している。

 町によると、中止は平成23年の東日本大震災で自粛して以来。

 町などによると、真田まつりは5月7日の幸村の命日にちなみ、毎年開催されている。始まりの詳しい時期は不明だが、九度山小学校沿革史には、昭和11年5月5日に「全校児童の武者行列を行う」と記されているほか、最も古い新聞記事には大正11年3月25日に行列が実施されたと記載されているという。

 今では地元の一大イベントとして定着。NHK大河ドラマ「真田丸」が放送された平成28年には、昌幸役を演じた俳優、草刈正雄さんも赤いオープンカーで武者行列に合流し、見物客の歓声を浴びるなど大いに盛り上がりをみせた。

 今年も当初はゴールデンウイーク期間中の5月4、5両日に開催を予定していた。

 特に武者行列では町民有志らでつくる「紀州九度山手作甲冑(かっちゅう)真田隊」などが町中心部を勇壮に練り歩き、火縄銃の鉄砲演武や寸劇付きの殺陣(たて)も披露して人気を集めてきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ