PR

産経WEST 産経WEST

滋賀県知事も大阪、兵庫など9都道府県への往来自粛呼び掛け

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、滋賀県の三日月大造知事は31日、京都や大阪、兵庫など感染が拡大している9都道府県への不要不急の往来を自粛するよう県民に呼び掛けた。卒業旅行や祝賀会に参加した京都産業大の学生らの感染が相次いで確認されたことを踏まえ、学生らには、感染のリスクが避けられない場合は新人歓迎コンパなどの懇親会の開催を自粛するよう求めた。

 自粛を求める地域は、31日時点で感染者が50人を超えている北海道▽埼玉▽千葉▽東京▽神奈川▽愛知▽京都▽大阪▽兵庫-の9都道府県。31日に開かれた滋賀県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議で発表した。

 三日月知事は会議で「県内の感染者はこれまで7人で、現在は一定程度に収まっているが、国内外の状況をかんがみれば、予断を許さない状況が続いている」と強い危機感を示した。その上で「新年度が始まれば進学や就職、転勤などで多くの人が往来する。爆発的な感染拡大を食い止めるため、警戒を緩めることなく、引き続きご理解とご協力をお願いしたい」と強調した。

 9都道府県への通勤者らに対しては、テレワークや時差出勤、在宅勤務を検討するよう要請する一方、往来自粛要請の期限は「当面の間」とするにとどめた。

 また、三日月知事は「若者の感染が相次いで確認されている。若者は症状が出なかったり、軽かったりすることから、移動や会合を行い、感染を広げるということもある」と説明。京産大生らの集団感染を受け、学生には新入生歓迎コンパなどの懇親会やイベントでは「密閉・密集・密接」の「3密」を避けるような工夫をするとともに、不可能な場合には自粛を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ