PR

産経WEST 産経WEST

大阪府知事、市中感染の兆候に危機感

今週末の不要不急の外出を控えるよう府民に呼びかける大阪府の吉村洋文知事=27日午後、大阪市中央区の大阪府庁(恵守乾撮影)
今週末の不要不急の外出を控えるよう府民に呼びかける大阪府の吉村洋文知事=27日午後、大阪市中央区の大阪府庁(恵守乾撮影)

 27日夜に記者会見した大阪府の吉村洋文知事は、感染者数の急増と陽性率の上昇に言及し、「市中感染の兆候」が出ていることに危機感を示した。爆発的な感染拡大を抑えるため、外出自粛要請への協力を重ねて訴えたが、「不要不急」の基準が曖昧なため、府民から戸惑いの声も出ている。

 「感染者が増え、陽性率も上がり、警戒すべき時期だと判断した」。吉村氏はこの日夜の記者会見でこう強調した。

 これまでの1日あたりの最多感染者数は、今月10日に確認された18人。うちクラスター(小規模な集団感染)が発生した大阪市内のライブハウスの訪問者や、訪問者との濃厚接触者らが9人に上った。

 吉村氏は「(10日の)18人のうち半数のリンクが追えていた。今回は(20人のうち)18人が追えていない」として市中感染の兆候に触れ、「爆発的な感染拡大にならないよう抑えたい」と訴えた。

 陽性率もおおむね10%未満だった17~26日と比べ、この日は14・4%に跳ね上がった。吉村氏は20~22日に大阪-兵庫間の往来自粛を求めた先週末から「フェーズ(局面)が進んでいる」との認識を示した。

 吉村氏は「不要不急」の目安として「ずっと家に閉じ籠もって、という趣旨ではない。友達と遊んだり外食したりということは、できるだけ控えてほしい」と説明したが、府民からは戸惑いの声が聞かれる。大阪市北区の女性会社員(42)は、「28日も会社に出勤しなくてはいけない。もっと早く要請していれば対応できたかもしれないのに」と不満をあらわにした。

 一方、大阪市浪速区の女性会社員(59)は「感染拡大を防ぐ重大局面なので、当然の措置だ」と理解を示したが、「子供は休校が続き、ストレスがたまってかわいそう。行動範囲や対象者を具体化して要請すべきでは」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ