PR

産経WEST 産経WEST

平成関西サブカル史(12)突然の転勤…ネット番組はどうする?(平成26年5月)

 平成26年5月、自分にとって青天の霹靂(へきれき)ともいえる事態が発生した。10年以上にわたって勤務していた夕刊フジ関西総局を離れ、産経新聞大阪本社編集局地方部へ異動することになった。いずれはあるだろうとは思っていたが、まさかこのタイミングで異動になるとは考えていなかった。

ネット番組をどうするか

 異動に伴い、平成18年10月から約7年半にわたって週1回の掲載を続けていた「マニアフジ」(25年4月に「OTAKUフジ」から改称)も382回で終了。23年4月から配信を続けていた「フジステ!!」(25年4月に「OTAKUフジステーション」から改称)の対応にも追われた。

 頭をよぎったのは、関西のサブカルチャー街と呼ばれる大阪・日本橋(にっぽんばし)での経験だ。21年夏に“日本橋の顔”となるとみていた「大阪萌え大使」の活動拠点を確保するために関係者との折衝を重ねていたが、わずか約1年半で崩壊。このときに「始めるのは大変。やめるのは簡単。やめたことを再開するのはもっと大変」という教訓を得た。

異動により夕刊フジで連載していた「フジステ通信」も最終回となった
異動により夕刊フジで連載していた「フジステ通信」も最終回となった

 「フジステ!!」の配信を終了することは簡単だが、ボランティアで出演を続けてくれたレギュラーメンバーたちに申し訳ない。それ以上に、このままやめてしまったら、何もできなくなってしまい、何も残せないまま終わってしまうのではないか-という危機感を強く抱いた。

 一方、番組を立ち上げた当初に「100週連続で配信したい」と意気込み、それは達成していた。日本橋で手がけていたネットラジオ番組「私立日本橋高校放送部校外放送」(21年10月~23年3月)、レギュラー出演していたラジオ大阪「もえもえポンバシ系」(20年4月~22年5月)の放送回数を上回っており、「やめようと思えばいつでもやめられる」との考えもあった。

名称は…

 結局、個人配信になってもいいから、番組は続ける決意を固めた。

 そのうえで、改めて番組コンセプトを練り直した。関西で頑張っているアーティストたちを応援することが最大のミッションと位置づけ、第1回の配信から一貫している街角からの公開生配信も続けることにした。

 配信会場だった「USTREAM STUDIO CAFE OSAKA」(大阪市西区、現在は閉店)の了解もとりつけ、態勢を整えていったが、番組名をどうするかという問題が浮上した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ