PR

産経WEST 産経WEST

阪神・藤浪投手 新型コロナ陽性反応 チームは練習中止

阪神・藤浪晋太郎(撮影・甘利慈)
阪神・藤浪晋太郎(撮影・甘利慈)

 プロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(25)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性反応を示したことが26日、関係者の話で分かった。発熱やせきなどの症状や倦怠(けんたい)感はない。日本野球機構(NPB)球団の選手の陽性反応は初めて。チームは今後1週間の練習を取りやめ、選手やスタッフを自宅待機させている。

 球団によると、藤浪は数日前からトレーナーに「ワインやコーヒーのにおいを感じない」と嗅覚の異常を訴えていた。24日に兵庫県内の病院の耳鼻科と内科を受診。25日に別の病院でも診察を受け、医師の判断で26日にPCR検査を受けた。

 球団は11日から25日までの藤浪の行動を確認。この間に藤浪と一緒に食事した選手2人も26日朝に味覚障害に似た症状を申し出ていた。

 26日に兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で予定されていたソフトバンクとの2軍練習試合は中止。藤浪や症状を訴えた選手と、ソフトバンク選手らとの接触はないという。同日午後には甲子園球場や鳴尾浜の練習施設の消毒を行った。1軍の選手は休日だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ