PR

産経WEST 産経WEST

昇任試験漏洩の消防局員を停職処分 兵庫・明石市

 兵庫県明石市消防局が昨年11月に実施した昇任試験で、筆記試験の出題範囲を一部の受験者に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で事前漏洩(ろうえい)したとして、同市は26日、同局総務課の男性係長(48)を停職3カ月の懲戒処分にした。男性係長は同日付で依願退職した。

 市は、透明・公平性を担保するため、同昇任試験を受験した9人全員の合否の取り消しを決定。4月以降に改めて筆記試験をやり直し、昨年11月の実技・口述試験の結果と合算した上で合否を判断する。

 同市によると、男性係長は消防司令補への昇任試験当日、ラインで筆記の出題条文などを親しい間柄の男性消防士長2人に漏洩した。「試験の難易度が高いと感じ、2人が不合格になると不安になった」と説明したという。

 漏洩を受けた2人については、自ら働きかけたわけではないとして懲戒処分とせず、厳重注意とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ