PR

産経WEST 産経WEST

体罰の県立高柔道教諭らを停職処分 兵庫県教委

 兵庫県立飾磨工業高校の多部制柔道部員らに体罰を繰り返したとして、県教委は、同校の男性教諭(55)を停職3カ月の懲戒処分とした。同部は定時制通信制高校の全国大会で10連覇を達成した強豪。指導の厳しさから部員が家出したことが発覚していた。

 県教委によると、総監督的な立場にあった男性教諭は平成30年4月以降、部員らにたびたび体罰を加え、「殺す」「くず」などの暴言を吐くなどした。

 男性教諭は昨年12月、同県姫路市内の大会で好成績を残せなかったため厳しい指導を行うことにし、これに反発した部員10人が集団で家出をしたことで、一連の体罰などが明らかになった。県教委は一緒に指導していた顧問の20代男性臨時講師も減給10分の1(6カ月)の処分とした。

 このほか、知人女性にストーカー行為を繰り返し、罰金の略式命令を受けた播磨町立播磨南小学校の男性教諭(54)を停職3カ月の処分とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ