PR

産経WEST 産経WEST

「スピード上げ改革に取り組む」 近鉄グループHD社長に小倉敏秀氏 

近鉄グループホールディングスの社長に就任する(右から)小倉敏秀氏と会長の小林哲也氏、社長を退任する吉田昌功氏=25日、大阪市天王寺区(前川純一郎撮影)
近鉄グループホールディングスの社長に就任する(右から)小倉敏秀氏と会長の小林哲也氏、社長を退任する吉田昌功氏=25日、大阪市天王寺区(前川純一郎撮影)

 近鉄グループホールディングス(HD)は25日、傘下の三重交通グループホールディングス(津市)社長の小倉敏秀氏(64)が社長に就任する人事を決定したと発表した。吉田昌功社長(67)は、子会社の近鉄不動産(大阪市)会長に就く。小林哲也会長(76)は続投する。

 社長交代は平成27年4月以来5年ぶり。6月の株主総会後の取締役会で正式に決定する。2025年大阪・関西万博や、大阪への誘致活動が続く統合型リゾート施設(IR)など商機と位置づける事業を控え、新体制で成長を目指す。小倉氏は大阪市内での記者会見で「構造改革を進め、斬新なビジネスを展開していきたい」と抱負を述べた。

 同社は新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道やホテル事業などが落ち込み、令和2年3月期連結業績の最終利益予想を前年比約58%減へ引き下げるなど打撃を受けている。小倉氏は「かなりの影響が出ている。これを機に事業のスピードを上げて、改革に取り組みたい」とした。

 会見に同席した小林会長は「三重交通は運輸やホテル、レジャーなど多くの事業を抱え、近鉄グループHDと事業構成が似ている。その経験を生かしてほしい」と期待を寄せた。

 小倉敏秀氏(おぐら・としひで)慶大卒。昭和53年近畿日本鉄道(現近鉄グループホールディングス)。取締役専務執行役員などを経て平成28年6月から三重交通グループホールディングス社長。和歌山県出身。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ