PR

産経WEST 産経WEST

禁止区域に暴力団事務所開設 山口組系組長を逮捕

 禁止された場所に暴力団事務所を開いたとして、大阪府警が同府暴力団排除条例違反容疑で、特定抗争指定暴力団山口組直系「織田組」組長、高次龍(こう・じりゅう)容疑者(73)ら3人を逮捕したことが25日、府警への取材で分かった。逮捕は24日付。1月に山口組が特定抗争指定暴力団に指定され、元の組事務所が使用できなくなったため移転したとみられる。

 逮捕容疑は、同条例で児童福祉施設から200メートル以内に事務所の開設が禁じられているにもかかわらず、1月7日ごろ、同府東大阪市の同施設から約100メートルの位置に事務所を開設したとしている。府警は認否を明らかにしていない。

 織田組の事務所は大阪市内にあったが、山口組が特定抗争指定暴力団に指定され、同市内が事務所への立ち入りなどを禁じる警戒区域に指定されたため、移転したとみられる。

 特定抗争指定暴力団の指定以降、警戒区域から区域外への事務所移転に絡んで逮捕されたのは初という。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ