PR

産経WEST 産経WEST

マラソン代表は選考済み「MGCを導入した経緯もある」

その他の写真を見る(1/2枚)

 マラソンはすでに男子の大迫傑(ナイキ)や女子の前田穂南(天満屋)ら男女各3人の代表が決まっている。東京五輪に向け、新たな選考システムとして昨年9月に「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」という一発選考のレースを実施した。選手がマラソンのレースに出場できるのは年に1、2本という競技特性もあり、1年延期であれな代表選考のやり直しは難しい。日本陸連の河野匡・長距離・マラソンディレクターは「MGCを導入した経緯もある」と話していて、現在決まっている代表で五輪を迎えることを軸に、今後、日本陸連で協議を進めていくとみられる。

 すでに代表に決まっている選手の指導者の一人も「今後の調整プランは考え直さないといけないが、代表の変更はないと思っている」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ