PR

産経WEST 産経WEST

藤井聡太七段勝率8割 初の3年連続

王位戦挑戦者決定リーグで稲葉陽八段(右)に勝ち、感想戦に臨む藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館
王位戦挑戦者決定リーグで稲葉陽八段(右)に勝ち、感想戦に臨む藤井聡太七段=24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)は24日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた王位戦挑戦者決定リーグで稲葉陽(あきら)八段(31)に129手で勝ち、今年度の成績で勝率8割以上が確定した。藤井七段の勝率が8割を超えるのは3年連続で、日本将棋連盟によると、棋士の勝率や勝数などを表彰する「将棋大賞」が創設された昭和48年度以降、史上初の記録だ。

 同年度以降、藤井七段以外で勝率8割以上を2年連続で記録したのは、羽生善治九段(49)のみ。

 藤井七段の実質的なデビュー年度の平成29年度の勝率は、8割3分6厘(61勝12敗)で、30年度は8割4分9厘(45勝8敗)。今年度は24日時点で8割1分3厘(52勝12敗)となった。

 藤井七段の今年度の対局は残り1局。31日に行われる第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント準々決勝で、菅井竜也八段(27)に勝てばタイトル初挑戦まであと2勝と迫るが、敗れても勝率は8割を維持する。

 藤井七段は終局後「(記録は)意識していなかったが、一局一局全力を尽くし、結果が残せてよかった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ