PR

産経WEST 産経WEST

「五輪延期想定で新たな準備も…」選手受け入れるホストタウンも動揺

 ポルトガルのカヌーチームが事前合宿を行う京都府京丹後市では今月に予定していた同国コーチの視察が中止となった。同市によると「政府から自粛要請があったので、視察を見合わせたい」という連絡が市に入ったという。

 ウクライナ陸上チームの事前合宿地となっている奈良県橿原市は、選手団約80人が7月中旬から滞在予定で、宿泊先もすでに手配済み。現時点で中止の連絡はないが、市の担当者は「キャンセルになると負担は大きい」と頭を悩ませる。

 一方、「延期の正式判断がなされたわけではなく、粛々と準備を行うのみ」と話すのは、ニュージーランドの水泳チームなどを受け入れる神戸市の担当者。練習場所となる「ポートアイランドスポーツセンター」を運営する同市スポーツ協会は「大会期間中の交流イベントについても開催に向けて機運を高めていきたい」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ