PR

産経WEST 産経WEST

「ウイルスばらまく」と外食の50代男性が死亡 愛知・蒲郡

愛知県蒲郡市のフィリピンパブの防犯カメラ映像。右端が新型コロナウイルス感染者の男性=3月4日(店提供、一部画像処理しています)
愛知県蒲郡市のフィリピンパブの防犯カメラ映像。右端が新型コロナウイルス感染者の男性=3月4日(店提供、一部画像処理しています)

 新型コロナウイルス感染が判明した後に「ウイルスをまく」と話して外食した愛知県蒲郡(がまごおり)市の男性(57)が18日、入院先の医療機関で死亡したことが捜査関係者への取材で分かった。店では12日に女性従業員の感染が判明。愛知県警が業務妨害容疑で店からの被害届を受理し、捜査を始めていた。

 捜査関係者によると、店は男性が利用したフィリピンパブ。蒲郡市などによると、男性と同居する両親は、発熱や呼吸困難を訴えて入院し、3日に感染が判明。男性は翌4日に検査で陽性が明らかになった。男性は保健所から自宅待機を要請されていたが従わず、同日夕、家族に「ウイルスをばらまく」と話し、タクシーで外出。市内の居酒屋に約15分、フィリピンパブに約40分滞在した。 

 蒲郡市の鈴木寿明市長は記者会見で「自宅待機の指導がありながら、市民に感染の危険が及んだことは大変遺憾」と述べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ