PR

産経WEST 産経WEST

大阪府職員が新型コロナ感染 発熱後も出勤、マスク着用せず

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 大阪府は15日、庁舎管理課に所属する60代の男性職員=兵庫県三田市在住=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。14日に兵庫県で確認された感染者の1人。男性は職場で府民と接触する機会はないというが、2日に発熱などの症状が出た後もマスクを着けずに出勤していた。府は、体調に不安がある場合は出勤しないよう改めて職員に周知する。

 府によると、男性は大手前庁舎(大阪市中央区)の地下執務室で庁舎設備の保守・管理を担当している。府は、濃厚接触した可能性がある職員4人に自宅待機を指示した。4人を含め、庁舎管理課の職員約90人に異常を訴えている人はいないという。15日中に消毒作業を終えるとしている。

 男性は2月20~29日に休暇を取り、フィリピンに渡航。今月2日に発熱し、11日まで5日間出勤した。発熱後は「寒気がする」などと周囲に話していた。

 12日に38度の高熱が出て呼吸困難になり、医療機関を受診した。翌13日に熱は下がったが、別の医療機関で検査を受けたところ、陽性反応が出た。現在は自宅待機中という。

 男性は、熱が出た後もマスクを着けなかった理由について、府の聞き取りに「着用しても効果がないと思っていた」と話したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ