PR

産経WEST 産経WEST

大阪府、イベント開催に3条件 新型コロナ「特徴見えた」

 大阪府は13日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、20日まで中止か延期としている府主催のイベントや休館中の府の屋内施設に関し、換気の実施など集団感染を防ぐための3条件をクリアすれば21日以降、順次再開する方針を決めた。府立学校は春休み中、3条件に留意した上で部活動などを再開する。

 3条件は集団感染のリスクが高まる要因を踏まえ、(1)定期的な換気(2)来場者が1~2メートル程度の距離を取れる会場の広さ(3)近距離での会話や発声を避けること-とした。府内の市町村にも伝え、再開を促す。民間への要請は、19日をめどに示される国の専門家会議の見解を踏まえ、改めて判断する。

 休館に伴いキャンセルとなった施設の利用料などは府が負担。徴収済みの料金は利用者に還付する。春休みまで休校している府立中高校や特別支援学校計182校は23日以降、3条件に留意しながら部活動や新年度に向けた行事を実施。新年度は通常通り授業を行う。感染者が確認されれば休校にする。

 吉村洋文知事は会議で「社会経済活動を抑え続けたら経済が死ぬ。3条件に注意して(施設を)開館したい」と述べ、国が20日以降のイベント自粛を要請した場合も再開の方針は変更しない考えを示した。

 吉村知事は会議後、記者団に「新型コロナの特徴や弱点が見えてきた。(感染が)急拡大する環境を作らず、社会活動を再開させることも重要。経済活動を戻すべき時期と判断した」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ