PR

産経WEST 産経WEST

岡山・真備の豪雨被災中学で卒業式

岡山県倉敷市真備町地区の市立真備中の本校舎で開かれた卒業式=13日午前
岡山県倉敷市真備町地区の市立真備中の本校舎で開かれた卒業式=13日午前

 平成30年7月の西日本豪雨で被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区の市立真備中で13日、3年生75人の卒業式が開かれた。1階部分が水没した校舎の改修工事が完了し、本校舎での卒業式は2年ぶり。

 生徒らは真備町地区にある別の中学の敷地に建てられた仮校舎で学校生活を送っていた。2日から本校舎に戻る予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休校となっていた。

 式も卒業生や保護者らに出席者を限定して開催。斎藤善紀校長は「大変なことはたくさんあったが、元気に学校生活を送り、真備中の伝統を引き継いでくれてありがとう。被災以降、見て感じ学んだことを大事にするのが成長には一番。自信を持って未来を切り開いてください」と述べた。

 答辞をした井上茉耶さん(15)は「日常を奪った豪雨が憎いが、失っただけではないと今では言える」と全国からの支援に感謝し、「これからもふるさと真備を取り戻すために頑張りましょう」と卒業生に涙ながらに呼び掛けると、会場からすすり泣く声が漏れた。

 同じく被災した川辺小や箭田小も今年に入って順次、本校舎での授業を再開した。被災した真備町地区の学校は全て本校舎に戻ったことになる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ