PR

産経WEST 産経WEST

大阪市が休校・休園期間を延長 22日まで

 大阪市の松井一郎市長は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2月29日から開始した市立小中学校と幼稚園の臨時休校・休園期間を22日まで延長すると明らかにした。当初は今月13日までとしていた。

 大阪市は政府の要請より一足早く臨時休校・休園を実施していた。松井市長は市役所で記者団に「来週からの再開もありだと思っていたが、国からの要請や感染者が増えている状況も考えて延長を決めた」と説明し、理解を求めた。

 全国の多くの自治体では休校措置を続けている。大阪市と同様に今月13日まで2週間の休校・休園としていた堺市もすでに24日までの延長を決めている。

 新型コロナウイルスをめぐっては、市内では複数のライブハウスで参加者らの集団感染が確認されており、大阪府が注意を呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ