PR

産経WEST 産経WEST

悪質コロナ詐欺に注意 不審な電話やメール相次ぐ

その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗し、ウイルスの除去やマスクの無料送付などをうたう不審な電話やメールが相次いでいる。住所や銀行口座などの個人情報を聞き出そうとするものもあり、警察当局や国民生活センターは今後同様の手口が増える恐れもあるとみて注意を呼びかけている。

家族構成、住所を聞き出す手口も

 「下水道にコロナウイルスが付いているので洗浄した方がよい」

 大阪府警によると、4日正午ごろ、大阪府門真市内の女性宅に水道会社を名乗る男から電話があった。男は「除去するのに約10万円かかります」などと現金を要求。不審に思った女性が断ると、「住所どこや」と乱暴な口調になり、電話を切られたという。翌日にも同市内の別の家に同様の電話がかかってきた。

 こうした不審な電話やメールは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って各地で相次いでいる。国民生活センターなどによると、保健所職員を名乗り「コロナウイルスがはやっている。手洗いうがいを徹底してください」といって家族構成を聞いてきたり、「水道水にコロナウイルスが含まれているかもしれない。調査に行くので住所を教えてほしい」などと個人情報を聞き出そうとしたりするケースもある。

「マスク送付」の不審メール

 また、各地で不足し問題化しているマスクに関連した不審なメールも。同センターによると、先月、山陽地方に住む50代女性のスマートフォンに「マスクを無料送付する。確認をお願いします」などというメッセージとともに、URLが記載されたショートメッセージサービス(SMS)が届いた。不審に思った女性がアクセスしなかったため、被害はなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ