PR

産経WEST 産経WEST

大阪府で新たに14人の感染確認 10人はライブ参加者

新型コロナウイルスの感染者が確認されたライブハウス「Arc」=1日午後、大阪市都島区(恵守乾撮影)
新型コロナウイルスの感染者が確認されたライブハウス「Arc」=1日午後、大阪市都島区(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府は8日、府内在住の20~60代の男女14人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。うち10人は、集団感染の可能性がある大阪市都島区のライブハウス「Arc(アーク)」か、同市北区の「Soap opera classics Umeda(ソープ オペラ クラシックス ウメダ)」のいずれかを訪れていた。府内での感染者は55人となった。

 府によると、全員無症状か軽症とみられる。10人中2人がArcに、8人がSoap-に滞在していた。Soap-に滞在していた20代女性は大阪市内の認可保育所に勤務する保育士。保育所は9日から休園する。

 それ以外はライブ会場にいた感染者の同居家族や医療関係者。大阪市の50代女性は現時点では感染につながるような詳しい行動歴が分かっていないという。

 また、今回の14人とは別に、すでに感染が確認された府内の30代女性が2月17、18日、感染者が出た大阪市北区のライブハウス「Rumio(ルミオ)」にも滞在していたことが判明。Rumioの感染者は府内で計3人となった。府が注意を呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ