PR

産経WEST 産経WEST

大阪府で13人の感染を確認 8人はライブハウスに

ライブの関係者や客から新型コロナウイルスの感染者が確認されたライブハウス「Soap opera classics-Umeda-」=5日午前、大阪市北区(寺口純平撮影)
ライブの関係者や客から新型コロナウイルスの感染者が確認されたライブハウス「Soap opera classics-Umeda-」=5日午前、大阪市北区(寺口純平撮影)

 大阪府は6日、府内在住の20~70代の男女13人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。うち60代男性と20~50代の女性7人の計8人が、集団感染の可能性がある大阪市北区のライブハウス「Soap opera classics-Umeda-(ソープ オペラ クラシックス ウメダ)」を訪れていた。府は感染経路を調べている。府内での感染者は31人となった。

 府によると、ほか4人はすでに感染が判明しているSoap-訪問者と濃厚接触するなどした50~70代の男女。このうち、吹田市の60代男性は京都・下京税務署(京都市)の職員。堺税務署(堺市)に勤める60代の妻が2月23日にSoap-を訪れ、今月4日に感染が確認されていた。この60代妻が受診した医療機関の職員も4人の中に含まれる。

 残り1人は、大阪市都島区のライブハウス「Arc(アーク)」に客として滞在した人の同居家族である60代女性。この女性には基礎疾患があり、やや重い症状という。

 また府は、4日に感染が判明した大阪市の50代男性が、2月19日にSoap-の客として滞在していたと明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ