PR

産経WEST 産経WEST

背中かくエビ、バンザイするサルの動画配信 新型コロナで臨時休館のニフレル

背中をかくエビ
背中をかくエビ
その他の写真を見る(1/3枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて15日までの臨時休館を決めている海遊館(大阪市港区)とニフレル(大阪府吹田市)は5日、飼育している生き物のユニークな生態などを紹介する動画の配信を、それぞれの公式ユーチューブチャンネルで始めた。15日まで続けるとしている。

海遊館ではダイバーが「お魚マッサージ」

 全国の小中学校の大半が一斉休校し、児童、生徒の外出が制限されている中、子供たちが家でも楽しめるようにと企画。配信の動画には、両館それぞれの特徴を生かし、癒やされたり元気が出たりする映像が選ばれている。

 海遊館の動画は、「おうちで海遊館」と題して、ジンベエザメや魚の群れなどのダイナミックな動きを紹介。ユーモラスな「ダイバーさんのお魚マッサージ」のシーンもある。「飼育員に聞いちゃおう」では、「カブトクラゲはなぜ光る?」や「サメとエイの違い」など生き物の不思議な生態を解説。ライブ配信も予定されている。

 ニフレルの動画は「いろんな個性」がテーマ。5日は「口の中から…」と題し、体の大きな魚の口の中までも掃除する魚の動画をアップ。背中をかくエビやバンザイするワオキツネザルなども登場するといい、飼育施設ならではの目がくぎ付けになりそうな「動物たちの日常」をのぞくことができる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ