PR

産経WEST 産経WEST

組員殴り失明させる 容疑の山口組系幹部ら6人逮捕 大阪府警

大阪府警本部
大阪府警本部

 暴力団事務所で組員を暴行し、失明する重傷を負わせたとして、大阪府警捜査4課は4日、傷害容疑で特定抗争指定暴力団山口組系2次団体「兼一(かねいち)会」会長、金奎轍(きん・けいてつ)容疑者(68)=大阪市中央区島之内=と暴力団組員ら5人を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 同課によると、暴行があったのは当時山口組系2次団体だった「極心連合会」の事務所(大阪府東大阪市)。被害者の組員と金容疑者ら6人は当時極心連合会に所属していた。極心連合会について、府警は昨年11月ごろに解散したとみている。

 逮捕容疑は共謀し、昨年5月中旬、極心連合会の事務所1階で、当時組員だった40代の男性の顔を殴るなどの暴行を加え、左目を失明するなどの重傷を負わせたとしている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ