PR

産経WEST 産経WEST

大阪会社社長遺棄、知人男を強盗殺人容疑で再逮捕

国本有樹容疑者(知人提供)
国本有樹容疑者(知人提供)

 大阪市西成区の塗装会社社長、馬場裕輔さん=当時(41)=が1月、兵庫県西宮市の山中で遺体で発見された事件で、大阪府警捜査1課は4日、借金を免れるなどの目的で馬場さんを殺害したとして、強盗殺人容疑で大阪市住之江区新北島の塗装業、国本有樹被告(34)=馬場さんの死体遺棄罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、黙秘している。

 逮捕容疑は1月22日午後7時50分~同8時10分ごろ、同区平林南の馬場さんの会社事務所で、借金230万を免れるなどの目的で馬場さんの首を刃物で複数回刺して殺害。馬場さんの財布や預金通帳、スマートフォンなどを奪ったとしている。

 同課によると、国本容疑者は馬場さんから仕事を受注する関係だった。馬場さんのパソコンからは、馬場さんの会社が国本容疑者に230万円を貸していることを示す借用書のデータが見つかった。

 馬場さんの遺体は1月27日に西宮市の山中で発見された。同課は同24日ごろに馬場さんの遺体を遺棄したとして、死体遺棄容疑で国本容疑者を逮捕。馬場さんを殺害した疑いもあるとみて捜査していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ