PR

産経WEST 産経WEST

悪質パワハラ、別の神戸市立学校でも カイコのさなぎ食べせる、丸刈り強要も

 神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題で記者会見をする長田淳市教育長(左から3人目)ら=28日午後、神戸市
 神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題で記者会見をする長田淳市教育長(左から3人目)ら=28日午後、神戸市

 神戸市立学校に勤務する40代の男性教諭と30代の男性臨時講師が、同僚にカイコのさなぎを食べさせたり、丸刈りにさせたりする悪質なパワーハラスメントを繰り返していたことが28日、市教育委員会への取材で分かった。市教委は同日、男性教諭を減給3カ月(10分の1)、臨時講師を戒告の懲戒処分とした。

 市教委は2人が当時勤務していた学校名をはじめ、小学校か中学校かも明らかにしていない。「被害教諭の意向」などと説明している。市立東須磨小の教諭いじめ問題を受けて、各校でハラスメント行為の有無を調査する中で発覚した。

 市教委によると、教諭らは平成28~30年度、後輩の男性教諭にパワハラや嫌がらせを繰り返した。具体的には、食用カイコのさなぎを飲食物に混ぜて食べさせる▽職員旅行を盛り上げる企画といって散髪屋で丸刈りにさせる▽飲み物に七味やワサビを入れる▽腕時計を水槽に沈めて隠す-といった行為に及んでいた。

 処分を受けた40代教諭は市教委に対し「いじめているつもりなく、その場を盛り上げるつもりだった」と説明したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ