PR

産経WEST 産経WEST

新型肺炎で吉村知事「検査漏れない仕組みが重要」

 大阪府の吉村洋文知事は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、保健所を中心に運用している府内の検査態勢を強化する考えを示した。府庁で記者団に「感染していて検査しなければいけない人をきちんと検査する。漏れがないようにする仕組みが重要だ」と述べた。26日に開く府の新型コロナウイルス対策本部で詳細を協議する。

 現状は、府内の保健所に設けた相談センターで24時間対応し、医療機関での受診を案内する。感染疑いがある受診者について、医療機関から報告を受けた保健所長が検査の必要性を判断している。

 吉村氏は、感染疑いがある人が保健所に相談せず一般の医療機関を受診し、医療機関が検査すべきだと判断するケースを想定し「保健所と(医療機関の)意見が違うとき、もう一つ検査や受診ができる入り口をつくる必要がある。二重にして備える」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ